スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

未成年兄弟フォーク・デュオ “平川地一丁目”の悲劇〜日本マス音楽業界の腐敗を彼らに見る



平川地一丁目とは、林 龍之介君(16歳、写真左)と林 直次郎君(13歳、写真右)による、兄弟フォーク・デュオです(今調べたばっか)。はっきり言って、僕はこの人たちに対してアーティストとしての特別な興味をほぼ一切持っていません。うん。ない。めざましテレビとか、民放のつまらない音楽番組とかでチラッと見かけた程度。「若いのにこーゆう音楽する子達もおるんやー」とは思った。曲も決して悪くないんです。やさぐれた昭和の高度経済成長期(あくまでもイメージね。)を想起させるメロディやハーモニー。先代のフォーク・シンガー・ソングライターの息吹も何となく感じ取れました。僕には関係ない音楽だったけど。しかし、日本のオリコン・ミュージックの中ではかなり良質な部類に入ると思います。なんか、中途半端に誉めているような文になってきましたが、では、なぜ彼ら「平川地一丁目」が、悲劇なのでしょうか。腐敗とは一体何なのか。
続きを読む >>
| music | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

“THE GRAY ALBUM” by DJ DANGER MOUSE


昨今は音楽CDの著作権問題が取り沙汰され、CCCDやレーベルゲートCDなるケチくさくて面倒なものが流通し、メジャーレコード会社の「音楽という文化の普及より、金儲けのほうが大事」という姿勢が露呈されています(結果、余計にCDの売り上げ落ちてるけどね)。ヒップホップのアーティストがサンプリングの使用ライセンスを取るのには莫大な金が必要とされ、このことは、文化的な創造を阻害してると言えます。このような風潮の中、DJ Danger Mouseというアーティストが“The Gray Album”と言うアルバムをリリースしました。これは、The Beatlesの『ホワイト・アルバム』(正式名称は“The beatles”)とJay-Zの『ブラック・アルバム』を混ぜ合わせた作品です。しかし発表後まもなく、“The Gray Album”はビートルズの録音物の権利を持つ英EMI社に問題視されることとなりました。著作権批判派やマスコミ、音楽ファン、およびレコード会社の強硬な著作権戦術に批判的な人たちは“The Gray Album”を絶賛したものの、EMI社はすぐさまこのアルバムの配布を中止させる手段を講じ、現在は入手不可となっています。

優れた文化はこんなことには屈するわけがない。実際はインターネット上でダウンロードし放題グッドOK余裕ですね。このblogのリンク先の、Illegal Art: Freedom of Expression in the Corporate Ageでダウンロードできちゃいます。

続きを読む >>
| music | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

titles#2+#3Takkyu Ishino


TITLE #2 + #3 (CCCD)
TITLE #2 + #3 (CCCD)

1  Wooden Case
2  Tokaido
3  Sam and Jerry
4  The Gate
5  Fujiyama
6  Starlights In Sunshine,feat Tavito Nanao
7  Love Domination
8  Gassip Pop
9  Electronic Cock Sucker
10  Jack it!
11  I Love You
12  The Rising Suns(Discotheque)
13  Take Me To The Heaven

石野卓球アルバム連続リリース第二弾として、二枚組の『TITLES#2+#3』がリリースされましたが、今回は#2のほうについて少しお話。
前作『TITLE#1』の、ズブズブと個人のインナートリップにいざなうかのような楽曲、展開に比べ、この作品は単純に踊るための機能が高いように思える。ベースラインや上モノなど、曲のフックとなるパーツを跳ねた位置に置いているのが全体的に目立つ。バスドラに関しても同じかな。二連打の二打目とか。バッキバキのアゲアゲではない分このような要素に自然と耳がフォーカスするし、何となく腰をスイングして小躍りーみたいな。とってもイイ感じです。

M2"Tokaido"、M5"Fujiyama"のタイトルは、卓球氏の出身地である静岡県に由来するものでしょう。別に曲自体はちっとも東海道っぽくも富士山っぽくもありませんよ。ちなみに、電気グルーヴの『富士山』という曲がありますが、かなり聴いて欲しいです。オモロイから。
続きを読む >>
| music | 20:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM